業務案内

あいち三河法務事務所のホームページへご来訪いただき、有難うございます。

当事務所は、トラブルを抱えておられるご依頼人の立場に立ち、1つ1つの問題に対し、「丁寧」にかつ「迅速」に、対処していきます。

示談書作成

不倫・婚約破棄があり、生活が混乱してしまっても、多くの場合、相手方との話し合いによって、一応の解決が図られます。

そして、その場合、口約束によっても、示談(和解)契約は成立しますが、できる限り約束の内容を書面化しておいた方がよいです。書面化し、お互いが同じ認識をもちあうことによって、争いの蒸し返しを防ぎ、また、今後同じような行為が繰り返されることを防止することができます。

なお、示談書は、相手方との話合いがなされる前に作成し、ご自身の請求内容をまとめた書類として利用することも可能です。作成した示談書をたたき台として、相手方と話し合えば、効率的に問題を解決していくことが可能となります。

詳しくはこちら

示談書サンプル

 示談書の作成 27,000円
 示談書の清書・校正 10,500円

離婚協議書・別居合意書・誓約書作成

離婚を決意し、お互いが同意するまでには、多くの葛藤があり、その時点で疲れ果ててしまっているかもしれません。しかし、特にお子さんがいらっしゃる方にとって、多くの場合、離婚後の生活はそれほど楽なものではありません。養育費などの金銭給付に関することは、離婚前に決め、書面化しておく必要があります。

別居をするに際しても、別居の目的を明確にしたうえ、婚姻費用の取決めや、別居中の夫婦間の義務に関する事項について、書面化しておくことが、夫婦関係の今後に良い影響を与えます。

また、配偶者の不倫や暴力があった際に、何とか頑張って夫婦関係を構築し直すにしても、口約束では心もとない場合があります。お互いの気持ちを整理する意味でも、約束事を書面化しておくことは大切なことです。

 離婚協議書の作成 21,600円
 離婚協議書の作成(特別に条項数が多いもの) 32,400円
 別居合意書の作成 21,600円
 誓約書の作成 21,600円

公正証書作成手続代行

公正証書とは、金銭債務の履行に滞りがあった際に、簡易に強制執行するために作成する証書です。公証人役場で公証人が作成します。

特に支払い期間が長期に及ぶ場合は、どうしても、相手方の支払いに関して不安をもってしまいます。示談書を公正証書にしていれば、万が一支払いが滞っても、簡単に強制執行することができます。

公正証書を作成するには、公証人との打合せや作成当日出頭する必要があります。このような手続きにつき、すべて代行いたします。

 公正証書作成手続代行 5,400円
 代理出頭 8,640円(1人)

「手切れ金」への対応

いわゆる「手切れ金」に関するご相談が年々増加しています。男女の出会いのチャンスが増えると同時に、その分、別れも増えているということでしょうか。

法律上保護される男女関係は、「婚姻」「内縁」「婚約」が成立しているものに限られ、それ以前の男女関係は、基本的に、自己責任としてとらえられます。

しかし、特別に深い関係性をもった場合、人生の大きな部分をその相手との関係に注いでいた、と感じられる時があります。そのような場合には、何らかの請求を相手方にしたくなることも当然のことでしょう。お悩みの際は是非ご相談ください。

詳しくはこちら

 内容証明原案(損害賠償請求書)の作成 16,200円
 「手切れ金」請求に対する回答書の作成 16,200円
 「手切れ金」に関する示談書の作成 27,000円

内容証明(不倫の慰謝料請求)

不倫の慰謝料を請求する方法として、最初にすべき方法が内容証明による慰謝料請求です。

「離婚する場合・しない場合」「証拠がある場合・ない場合」「相手方の住所が分かる場合・分からない場合」など状況は様々でしょうが、ご依頼人の立場に立ち打開策を模索いたします。

また、ご依頼人のご都合に合うように、多くのサービスをご用意しております。

詳しくはこちら

不倫内容証明のサンプル

 定型内容証明原案の作成 5,400円
 内容証明原案(不倫の慰謝料請求書)の作成 16,200円

内容証明(不倫の交際中止請求)

配偶者の不倫が判明した場合であっても、常に、慰謝料を請求しなければならないものではなく、また、ご夫婦の関係上、慰謝料を請求しない方が、ご都合にかなう場合もあります。

ただし、そのような場合であっても、不倫交際を野放しにしておくわけにはいきません。即刻、交際を中止させなければなりません。

そうした場合にも、内容証明は有効であり、電話・メール・普通郵便とは異なるアピール力をもちます。

 定型内容証明原案の作成 5,400円
 内容証明原案(不倫の交際中止請求書)の作成 16,200円

内容証明(婚約破棄の慰謝料請求)

昨今は婚約破棄に関するご相談・ご依頼が非常に多くなっています。

婚約破棄は、「婚約が成立しているのか」の判断が難しい場合が多く、また、婚約破棄の「正当事由」があり、慰謝料を請求できないのではないか、と不安を感じてしまうこともあるようです。

婚約破棄した側は、多かれ少なかれ、良心の呵責にさいなまれているものです。まずはお考えになっていることを相手方に伝えることが大切です。

詳しくはこちら

 定型内容証明原案の作成 5,400円
 内容証明原案(婚約破棄の慰謝料請求書)の作成 16,200円

内容証明(ストーカー対策)

ストーカーは今や社会問題であり、当事務所にも多くのご相談が寄せられますが、最近は中高年のストーカーが増加しています。

ストーカー対策は最終的には、警察による対応を求めることになりますが、それ以前の段階においては、内容証明は非常に有効な対応策となります。また、警察による保護を求める際に要する事態の緊急性を示す証拠ともなるものです。

「内容証明」+「警察署長による警告」により、多くの問題は解決します。

詳しくはこちら

 定型内容証明原案の作成 5,400円
 内容証明原案(ストーカーに対する警告書)の作成 16,200円
 内容証明原案(慰謝料請求)の作成 16,200円
 示談書の作成 27,000円

内容証明(養育費・婚姻費用の請求)

養育費・婚姻費用の支払いが滞った場合、家庭裁判所による調停をご利用される方が多いと思います。

たしかに、調停は有力な方法であり、当事務所がご相談をお受けした際にも、調停をお勧めすることもよくあります。

しかし、調停は、基本的に1月に1回開かれるだけであり、結論が出るのに時間を要するという欠点があります。養育費や婚姻費用は日々の生活と直結するものなので、緊急性があります。そこに、まず内容証明により請求してみることの利点があるのです。

 定型内容証明原案の作成 5,400円
 内容証明原案(養育費・婚姻費用の請求書)の作成 16,200円

回答書・反論書作成

不倫・婚約破棄などに関連して、内容証明郵便が届いた時、多くの方が動揺・混乱してしまいます。「何か大変な事態に陥ってしまった。」という思いにとらわれてしまうもので、このこと自体は無理もないことです。しかし、いつまでも動揺しているわけにはいかず、回答期限までに何らかの対処をしなければなりません。

例えば不倫をしてしまった人であっても、反論する権利は当然あります。もちろん不倫そのもは許されるものではなく、迷惑をかけてしまった相手方に対して、責任をとらねばなりません。ただし、その責任には相応の責任というものがあります。

とるべき責任をとり、不当な請求に対しては、適切な反論をしなければなりません。

 回答書・反論書の作成 16,200円

ページの先頭へ