同棲・内縁と慰謝料

結婚届けはしていないが、生活を一緒にしている場合には、事実上の婚姻関係にあるものといえます。これを、事実婚といいます。
事実婚については、判例上も、法律婚に準じて取り扱うことが認められており、慰謝料請求についても、認められています。

そこで、内縁関係にある当事者の一方が浮気をしたときは、その内縁関係を解消するということで、不貞行為をした内縁関係にある相手方に対しても慰謝料請求をすることができます。他方で、浮気の相手方に対しても、内縁関係の侵害に対して、慰謝料請求をすることができます。また、内縁関係とは言えず、同棲していたにすぎない男女の一方が他の異性と性的関係をもったり、交際を始めた場合には、同棲していた一方が、他に交際した相手方に対して慰謝料を請求できません。

確かに、同じ空間で生活を一緒にしていることに変わりないにもかかわらず、また、他の異性と性的関係を持たれたことにより、精神的ショックを受けるのはどちらも同じようなものともいえることからすれば、同棲も、内縁関係も関係ないともいえるはずです。しかし、法律上はやはり、いつ関係を解消されるか分からない同棲と、夫婦として生活をしている内縁とでは、保護されるべき保護の対象利益に歴然とした差があるものと考えているのでしょう。そのため、同棲の相手方が他の異性と新しく交際したり、性的関係をもったりした場合であっても、保護されるべき利益もなく、侵害行為自体がないことになり、損害賠償請求はできないのです。

 ただし、同棲と内縁関係であるかの判断は微妙ですので、専門家に相談されることをお薦めします。

ページの先頭へ