不倫と婚約破棄

不倫をしている当事者間で、配偶者と離婚して結婚するという婚約は、法的に保護された平穏な夫婦関係の破綻を前提とする婚約にあたるため、公序良俗に反して無効となります。

ですから、不倫相手と婚約をして、それを破棄したとしても、破棄された側は破棄した者に慰謝料を請求することは認められません。また、離婚というものは、原則として、夫婦のいずれか一方の意思のみで成立させることは出来ませんし、有責配偶者(不貞行為をした者)からの離婚請求は、特段の事情がない限り認められませんので、離婚することは難しいです。そのため、離婚を前提とする婚約については、法的な効力は、あまり期待することが出来ないと考えられた方が良いかと思います。

不倫関係自体は、法的に許されませんので、重婚的内縁関係などの特別な場合を除き、原則として、その関係自体は、法的な保護を受けることは出来ません。
ただし、不倫当事者の間であっても、当然、公序良俗に反したり、法令に抵触するような内容でない限りは、自由に契約を取り交わすことが出来ます。

ページの先頭へ