不倫と別居

別居している配偶者が不倫をした場合、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求できるかというと、状況によって異なります。

別居していても婚姻関係が完全に破綻しているとまでは言えない状況、例えば、夫婦関係を改善しようとして冷却期間を置くための一時的な合意による別居をしている場合であれば、配偶者の不倫相手に対して慰謝料を請求できます。
逆に、夫婦双方が離婚に合意し、財産分与等の離婚条件を詰めている段階など、婚姻関係が完全に破綻していると言える状況においては、配偶者の不倫相手に対して慰謝料を請求できません。

つまり、夫婦が同居を継続しているか別居したかについては、婚姻関係が破綻していたかどうかを考える際に重要な要素と言えますが、同居や別居という外観だけから不倫相手に慰謝料を請求できるかどうかが決まるわけではなく、夫婦間において離婚の話が具体的に進んでいるか、離婚調停を申し立てているか、夫婦双方の婚姻継続の意思などを総合的に判断します。そして、別居していても夫婦関係が破綻とまでは言えないのであれば、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求することは可能ですし、別居しているうえに夫婦関係が破綻していると判断されれば、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求することは不可能ということになります。